保育士・保育補助のパートに応募する際の志望動機

保育士・保育補助のパートに応募する際の志望動機

パートなのに志望動機まで書くのは面倒だなぁ・・・

と思う方も多いと思いますが、保育士は責任ある仕事です。

お子様をお預かりする事の責任は重いですから、採用する場合はいくら人手不足とは言え、しっかりと任せられる人材でなければ仕事をお願いできないのです。

しっかりと考えた志望動機の書き方を身に着け、求職活動の参考にしてください。

志望動機は保育の仕事に対する想いを語ろう

パート保育士の志望動機は、自分が保育に対してどれだけの想いを持っているか、それを現場でどう体現していきたいかを語るのがいいでしょう。

保育士になろうと思った時の想い、すでに働いた経験があれば、こんな保育をしたときに喜びを感じた、だから今度はこの保育園でこんな風な仕事に取り組んでみたい等。

可能なら志望する保育園と他の保育園の違いを述べよう

志望する保育園が他の保育園に比べこんな点が優れているので、私が携わりたいこんな保育が出来ると考え、志望した。

こんな事が書ければ、採用に大きく近づくことが出来ます。

ただ、違いといっても

・ほかの保育園に比べ私の家から近く、通勤が便利なので

・時給が高く、稼げそうだなと思って

・仕事が他と比べ楽そうだなと感じたので

この辺りは理由として好ましくありません。

一番わかりやすいのは保育理念が自分に近く、ここでならやりたい保育に携われると思った、という事が書けるといいですね。

保育補助のパートでも保育士専門の転職サービスを利用した方がいい

保育士専門の転職サイトを利用すると、求人を探せるだけでなく、応募先の情報を貰えるため志望動機を書きやすくなります。

また、時給などの条件面交渉をエージェントが行ってくれるため、掲載されている条件よりも高時給で採用して貰えるケースも多くなり、積極的に利用したいです。

パート応募でそこまでするのは面倒だなぁ・・・と、考える方も多いと思いますが、むしろ逆です。

転職サイトへの登録は5分もかかりませんし、エージェントとの面談も保育士の場合は訪問する必要が無く、電話で話すだけが主流。

パート希望であれば簡単な経歴や応募したい求人の特徴などを伝えるだけで、向こうから求人を探し、紹介してくれますので一人で求職・転職活動を行うよりも実は手間も大幅にはぶけるんです。

ですので、積極的に利用したいですね。

当サイトのトップページでは高時給な保育補助のパート求人の探し方を掲載しています。

是非こちらも参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です