企業内保育所で働く!給料も高く行事や残業が無いから楽

保育士さんは運動会や行事の準備にうんざりされている方も多いと思います。

子供たちが楽しみにしている事ですから頑張りたい気持ちはあっても、準備などを持ち帰り仕事やサービス残業にされてしまってはモチベーションが上がらないのも当然ですよね。

そこでオススメしたいのは企業内保育所への転職です。

これから特徴や給料、求人の探し方を説明しますね。

企業内保育所であれば行事や残業・書類仕事が少ない

企業内保育所は、会社の中に設置されている託児所のようなところです。

会社で働く保護者のお子様を預かって保育します。

預かったお子様の保護者がすぐそばで働いていますから、お迎えに来ず、連絡が取れないといった心配はほぼありません。

その為予定外の残業などが非常に少なく、働く保育士さんにとってはかなり負担が少なくなります。

 

また、運動会や行事も無い、あるいは少ないケースがほとんどです。

特に運動会を出来るほど大きな園庭を企業内保育所に用意しているところはまずありませんので、準備などで普段のペースを乱されることは殆どありません。

また土日祝日休みの企業であれば、勿論企業内保育所も同じお休みになりますので、プライベートもお友達などと予定を合わせやすいのも働くメリットですね。

企業内保育所で働く保育士さんの給料は?

月給20万円~30万円程度であることが多く、一般の保育園などよりも少し高めになる傾向にあります。

企業内保育所を設けるような企業は大企業であることが多いので、給与面や福利厚生には期待できますね。

企業内保育所の休日は?

保育所が入る企業のお休みと同じになりますので、これは一般の保育園よりもほぼ確実に多くなります。

年間休日120日以上、週休2日、祝日休み、夏季、年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休みは勿論、有給消化もしっかりできる環境が多いです。

保育士さんにとってはかなり働きやすい環境ですよね。

企業内保育所で働くデメリットってあるの?

企業の経営が不振に陥れば、保育所自体を閉鎖するなどのケースが出てくる可能性がある事が最大のデメリットでしょう。

保育園であれば私立であっても必要性が高いため、そうそう閉鎖というケースはありませんが、企業内保育所は必須という物ではありませんので、不況のあおりなどを受ければ無くなってしまう可能性があります。

この点だけが唯一デメリットではないでしょうか。

企業内保育士のパートはどう?時給は?

パートであっても社保完備、有給も使える環境の企業内保育所が多く、お勧めです。

時給は850円~1500円程度、やはり一般の保育園より高めになる傾向にあります。

興味を持った方は積極的に挑戦してほしいですね。

当サイトのトップページでは高時給の保育士パート・保育補助求人の探し方を説明していますので、合わせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です